著書

  • 2008年11月30日 著書
    学校を変えよう!
    出版月 2008年11月
    出版社 エクスナレッジ
    著者 共著
    概要 AB判、全114頁本人担当部分:第2章「学び方のデザイン」事例(p.13-p.17)
    監修:工藤和美共著者:工藤和美、美馬のゆり、上野淳他
  • 2008年08月31日 著書
    学びとコンピュータハンドブック
    出版月 2008年08月
    出版社 東京電機大学出版局
    著者 共著
    概要 A5判、全399頁
    本人担当部分:第1章1.6学習環境デザイン(p.22-p.25)
    および
    第1章1.7学習環境の構築と運用(p.26-p.29)
    監修:佐伯胖編:CIEC
    共著者:佐伯胖、妹尾堅一郎、美馬のゆり他
  • 2007年06月30日 著書
    子どもとニューメディア
    出版月 2007年06月
    出版社 日本図書センター
    著者 共著
    概要 A5判、全396頁
    本人担当部分:第Ⅱ部7章電子ネットワークが広げる子どもの可能性(p.145-p.159)
    1998年6月執筆分を一部文献補筆。
    編者:北田暁大、大多和直樹
    共著者:北田暁大、大多和直樹、美馬のゆり他
  • 2007年01月31日 著書
    Communicating European Research 2005
    出版月 2007年01月
    出版社 Springer
    著者 共著
    概要 現在の日本における科学コミュニケーションに関わる環境において、その社会的、政策的必要性と、その具体的施策について解説。B5判、全248頁
    本人担当部分:Chapter21: The Challenge of Showing and Discussing the Unknown (p.121-p.127)
    編者:Michel Claessens
    共著者:Michel Claessens, Noyuri Mima他
  • 2006年10月31日 著書
    大学力
    出版月 2006年10月
    出版社 ミネルヴァ書房
    著者 共著
    概要 A6判、全303頁
    本人担当部分:第2部第5章13.全学生および全教員必修のプロジェクト学習を実施する(p.90-p.93)
    編者:有元章、北垣郁雄
    共著者:有元章、北垣郁雄、美馬のゆり他
  • 2005年05月31日 著書
    科学するまなざし
    出版月 2005年05月
    出版社 中央公論事業出版
    著者 共著
    概要 A5判、全199頁
    本人担当部分:「科学コミュニケーター」の役割とは(p.158-p.163)
  • 2005年04月30日 著書
    「未来の学び」をデザインする-空間・活動・共同体-
    出版月 2005年04月
    出版社 東京大学出版会
    著者 共著
    概要 状況的学習論にもとづく学習環境デザインについて、空間・活動・共同体の三つの要諦を中心に、理論および実践例をふまえてまとめたもの。
    A5判、全233頁
    本人担当部分:共同執筆のため抽出不可能
    共著者:美馬のゆり、山内祐平
  • 2003年07月31日 著書
    「未来の学び」をデザインする-空間・活動・共同体-
    出版月 2003年07月
    出版社 財団法人「政策科学」研究所
    著者 共著
    概要 p.79-p.116
  • 2003年03月31日 著書
    Roadblocks on the Information Highway : The IT Revolution in Japanese Education (Studies of Modern Japan Series)
    出版月 2003年03月
    出版社 Lexington Books
    著者 共著
    概要 日本における情報教育の現状を実践研究の紹介を交えながら解説。また今後のあるべき姿を認知心理学の学習に関する理論をもとに提言。
    B5判、全354頁
    本人担当部分:Chapter 14: On-line Technology Is Not Enough: Transforming the Teacher-Student Learning Process(p.265-p.279)
    編者:Jane Bachnik
    共著者:Jane Bachnik, Noyuri Mima他
  • 2001年10月31日 著書
    認知的道具のデザイン(状況論的アプローチ2)
    出版月 2001年10月
    出版社 金子書房
    著者 共著
    概要 コンピュータを思考の道具、学習の道具として位置付け、認知科学における思考と学習の側面から考察。認知科学における思考過程の研究の流れをふまえ、真正の文化的実践へのアクセスとしての学習用ソフトウェアの必要性を提言。
    A5判、全270頁
    本人担当部分:第5章思考の道具・学習の道具(p.118-p.138)
    編者:加藤浩、有元典文
    共著者:上野直樹、加藤浩、美馬のゆり、他
  • 2001年05月31日 著書
    情報教育 重要用語300の基礎知識13
    出版月 2001年05月
    出版社 明治図書
    著者 共著
    概要 A5判、全313頁
    本文掲載:p.301
    本人担当部分:35新しい学校
    編者:西之園晴夫 共著者:
  • 2000年06月30日 著書
    教育工学辞典
    出版月 2000年06月
    出版社 実数出版
    著者 共著
    概要 教育工学分野に関わる用語の解説。
    B5判全590頁
    本人担当用語:「認知」分野 状況的学習スペース追加
    編者:清水康敬、赤堀侃司 他スペース追加
    共著者:美馬のゆり、多数につき省略