新刊著書のお知らせ
学生を自己調整学習者に育てる:アクティブラー二ングのその先へ

学生を自己調整学習者に育てる:アクティブラー二ングのその先へ
著, 編集 :L.B.ニルソン
監修, 翻訳:美馬のゆり,伊藤崇達
北大路書房 ( 2017-07-14 )

Amazon 詳細ページへ


NEWS

朝日新聞に連載記事が掲載されました

異なる環境を知る大切さ < 連載 > 金曜「ライフ・楽しむ」【わたし色】⑤[8月11日刊行朝日新聞北海道版]

全私学新聞に記事が掲載されました

「学生を自己調整学習者に育てる」美馬のゆり+伊藤崇達 監訳
学びの本質は努力できる能力[7月23日刊行全私学新聞]

日刊政経に記事が掲載されました

はこだての教育と人材育成[8月2日刊行日刊政経 第8714号]



研究概要

学習理論や学習研究の成果に基づいて、学習環境をデザインしています。ここ20年で、学習科学(Learning Sciences)という分野が確立されてきました。学習科学は、「人がいかに学ぶかについての理解に基づいて、テクノロジーを使いつつ学習過程を支援する」という、情報工学、教育学、認知心理学にまたがる分野です。

デザインの指針となる言葉



PAGE TOP↑