PageTop
函館ハーブ研究会

函館ハーブ研究会とは
概要
函館ハーブ研究会の活動

設立趣意
製品開発の事業化を前提に、函館近郊に生育するハーブ(香草)などを利用した製品の研究および開発、市場調査などを前提とした研究活動を実施する。会員一人一人が個々の知識、経験、技術を高め、新規事業への進出および普及を図ることによって、地域の発展に寄与する。
目的
本会の設立趣旨に基づき、意欲ある企業経営者または団体の職員(技術または経営担当の責任者を含む)、大学等研究機関の研究者、もしくは個人が結集して、情報交換および技術交流などを通じて、質的向上を図るとともに、共同研究開発、普及に向けた交流を推進し、全国に向け、産学官民の共同モデルとなるべく活動する。
活動
  1. 技術、市場、経営などに関する情報交換
  2. 知識、経験、技術、販路、設備、人材などの相互活用
  3. 新技術、新製品の共同開発および技術革新の推進
  4. 工場、市場などの視察会および研究会、講演会などの開催
  5. 行政や各種研究機関との連携
  6. 各種助成金などへの応募、申請の協力
  7. 他異業種交流グループとの交流
  8. その他、普及活動など目的達成に有用な活動
市民活動への展開(案)

目的
- 個人でハーブを楽しむコミュニティの構築、活動促進
活動
- クルンバッソ・クラブ(仮称)
  • クッキング教室:お菓子作り、パン作り、飲料(ワインやお茶など)
  • ガーデニング教室:栽培、鑑賞
  • ハーブ摘み:山歩き、ハイキング
  • クラフト教室:せっけん、ポプリの制作
  • その他、レシピ・コンテストの開催など
- HPを利用した活動の展開
  • 一方向の情報提供サイトではない
  • レシピの投稿など、ブログ、SNSなどを利用した双方向サイトの運営
  • メールマガジンの発行
期待する効果
- 消費者(市民)自身が使用感を口コミ感覚で広げていく
- プロの商品と手作りのものの共存共栄
- 息の長い定番商品の開発と普及を目指す
活動報告
活動の道のり

2009年04月 職場のお花見から始まった(ドイツ人の家族の登場)
2009年05月 さっそく車葉草を摘みに
2009年06月 強力な助っ人が登場(未来大学共同研究センター)
2009年10月 ドイツ人観光ガイドからの贈り物
2009年11月 仲間を集めて試作会
2010年01月 プロによるアイスクリームとパンの試作品完成!
2010年01月 職場でアンケート調査実施
2010年05月 ふたたび車葉草を摘みに
2010年08月 工業技術センターの紹介で仲間が集まり検討会
2010年10月 函館ハーブ研究会発足
2010年12月 ロゴ制作でイメージの共有を
2011年03月 商標登録の出願を行う
2012年03月~05月 商標登録証(ロゴ・英語・カナ)が発行された
2012年05月 アイスクリーム発売準備を開始
2013年07月
(株)函館酪農公社より「クルンバッソ アイスクリーム」が発売された
関連記事
オンラインショップ
現在に至る
お問い合わせ
事務局連絡先
株式会社 函館酪農公社
〒042-0912 函館市中野町118-17
TEL:0138-58-4460 FAX:0138-58-4430
研究会へのお問い合わせ
株式会社 函館酪農公社 常務:金子 健治
販売へのお問い合わせ
株式会社 函館酪農公社 営業部:冨田 一廣
函館ハーブ研究会代表
公立はこだて未来大学 教授:美馬 のゆり
http://noyuri.jp
ページトップへ
美馬のゆり研究室に戻る
Copyright © 2011 - Hakodate Herb Society All Rights Reserved.