紹介記事・インタビュー:no.101 ー no.150


2015
著書、学術論文等の名称単著、
共著の別
発行又は発表の年月発行所、発表雑誌等又は発表学会
等の名称
150.科学的生活のススメ⑦マグロとウナギとサステナビリティ単著平成23年4月(2011)『カイ』,2011年春号,Vol.11
概要 記事掲載:p.84-p.85
149.未来を予測する最良の方法単著平成23年3月(2011)『学都・岡大発 女性研究者が育つ進化プラン 事業成果中間報告書』岡山大学ダイバーシティー推進本部男女共同参画室
概要 記事掲載:p.170-p.177
148.科学的生活のススメ⑥遊び心と科学する心単著平成23年1月(2011)『カイ』,2011年冬号,Vol.10
概要 記事掲載:p.84-p.85
147.「ワードローブ:華ある装い米で開眼インタビュー平成22年11月(2010)『毎日新聞』平成22年11月4日全国版,毎日新聞社
概要 web掲載 
146.「大人だから」を脱ぎ捨てて、子どもと一緒に思い切り「不思議」を楽しもう!インタビュー平成22年11月(2010)『キッズレター』,2010 November, 第33号
概要 記事掲載:p.2-5, p.12
145.科学的生活のススメ⑤食欲の秋、科学の秋、読書の秋単著平成22年10月(2010)『カイ』,2010年秋号,Vol.9
概要 記事掲載:p.84-85
144.科学的生活のススメ④アイデア、ビジョン、インパクト単著平成22年7月(2010)『カイ』,2010年夏号,Vol.8
概要 記事掲載:p.96-97
143.コンピュータからつながった認知科学-大学、街、人をつなぐ未来を創る-インタビュー平成22年6月(2010)日経BPムック「変革する大学」シリーズ『電気通信大学2011-2012年版』,日経BP出版センター
概要 記事掲載:p.14-15
142.電気通信大学開学60周年記念シンポジウムパネルディスカッション平成22年4月(2010)CHOFU Network』,Vol.22-1
概要 記事掲載:p.14-17
141.直感で選んだ分野の技術が活躍の舞台を大きくしていくインタビュー平成22年4月(2010)『UEC WOMAN』,電気通信大学
概要 記事掲載:p.4-5
140.科学的生活のススメ③ロボットとの共生単著平成22年4月(2010)『カイ』,2010年春号,Vol.7
概要 記事掲載:p.92-93
139.卒業生を訪ねて第3回インタビュー平成22年4月(2010)『進学レーダー』2010May,第22巻第3号,みくに出版
概要 記事掲載:p.76-77
138.大空間で出会う異分野(教育ルネサンスNo.1236変わる校舎8)インタビュー平成22年3月(2010)『読売新聞』平成22年3月27日全国版,読売新聞社
概要 記事掲載:p.18
137.学的生活のススメ②安心と安全の間単著平成22年1月(2010)『カイ』,2010年冬号,Vol.6
概要 記事掲載:p.45
136.何でもランキング親子で楽しめる科学館インタビュー平成21年12月(2009)『日経新聞』平成21年12月19日日経プラスワン
概要 記事掲載:p.3
135.はこだて国際科学祭を振り返って単著平成21年11月(2009)『北海道新聞』平成21年11月22日道南版いさり火
概要 記事掲載:p.29
134.科学的生活のススメ①科学をまちに、それが未来に単著平成21年10月(2009)『カイ』,2009年秋号,Vol.5
概要 記事掲載:p.94-95
133.双方向の科学コミュニケーションをめざしてインタビュー平成21年9月(2009)『PVC news』, No.70
概要 記事掲載:p.7-10
132.若者と女性と科学技術単著平成21年8月(2009)調査資料-171『エネルギー分野の人材問題に関する調査報告書』文部科学省科学技術政策研究所
概要 発表資料掲載:p.81-84
131.大学づくりから科学祭へ単著平成21年6月4日(2009)『朝日新聞』平成21年6月4日北海道版, 朝日新聞社
概要 記事掲載:p.26
130.科学祭がまちを耕す。はこだて国際科学祭インタビュー平成21年4月(2009)カイ』,2009年春号,Vol.4
概要 記事掲載:p.18-23
129.サイエンスフェスティバルの試みインタビュー平成21年1月(2009)『milsil』, Vo.2, No.1, 国立科学博物館
概要 記事掲載:p.30-31
128.はこだて国際科学祭インタビュー平成20年11月8日(2008)北海道新聞
概要
127.出会い 学ぶ広場を作るインタビュー平成20年10月19日(2008)毎日新聞 理系白書第2部かけ橋として③
概要 記事掲載:p.15
126.コンピュータとも賢くつきあうインタビュー平成20年7月(2008)できる子は10歳までに作られる,創刊号,アスコム
概要 記事掲載:p.38-p.40
125.共同性・社会性を基軸に〈未来の学び〉を追求するインタビュー平成20年4月(2008)科学技術と自律社会、Vol.2、ヒューマンルネッサンス研究所
概要 記事掲載:p.12-p.45
124.次世代教育イノベーション:おもしろ学びの次の姿を思い描くパネルディスカッション平成19年12月(2007)コンピュータ&エデュケーション Vol.23
概要 記事掲載:p.49-p.53
123.学びの場をデザインして、人と人をつなげたいインタビュー平成19年7月(2007)しんにってつ8・9月号 Vol.221
概要 記事掲載:p.13-p.16
122.園田学園大学でシンポ 若者の自立どう促す?講演記事平成19年6月(2007)『神戸新聞』平成19年6月3日,神戸新聞社
概要 記事掲載:p.-
121.合い言葉は「True Nano」対談平成19年4月(2007)劇的進化!変わる未来はすぐそこにTrue Nano
内閣府・文部科学省科学技術政策研究所
概要 記事掲載:p.38-p.39
120.理系の博士号取得者ももっと教育現場にインタビュー平成19年2月3日(2007)教育家庭新聞
概要 学校ITと確かな学力
記事掲載:p.1
119.現代モノづくり考対談平成17年12月(2005)『ひたち』日立評論社 第67巻第4号
概要 現代におけるモノづくりの意味について認知心理学の観点から討論。
記事掲載:p.12-p.16
118.人に聞かせ内容に磨きを記事平成17年6月30日(2005)毎日新聞
概要 記事掲載:p.14
117.料理のウデは段取り次第記事平成16年6月4日(2004)とっておきの道徳授業Ⅲ 株式会社日本標準
概要 記事掲載:p.120
116.美馬のゆりが選ぶ11月の展示・本・映像記事平成16年12月(2004)JST News 11月号 Vol.1/Vol.2 2004/November
概要 記事掲載:p.16
115.科学館が持つ新しい可能性を引き出すインタビュー平成16年12月(2004)化学 Vol.59 No.12(2004)
概要 記事掲載:p.8-p.11
114.最新技術について、誰でもが議論し判断できる場をつくりたいインタビュー平成16年11月10日(2004)『学びの場.com』平成16年11月10日, 内田洋行
概要 記事掲載:内田洋行教育総合研究所教育情報ウェブサイト  学びの場.com ウェブサイト:教育インタビュー
113.ボランティアメッセ2004 パネルディスカッション討論記事平成16年10月(2004)ボランティアメッセ2004 報告書
概要 記事掲載:各論p.2-p.10
112.読者と道新委員会~市民の判断材料提供を~討論記事平成16年10月28日(2004)北海道新聞
概要 北海道新聞社の報道のあり方について考える。「読者と道新委員会」における議論についての討論のまとめ。
記事掲載:p.8
111.科学で未来をつくって記事平成16年10月20日(2004)中国新聞
概要 「科学技術と私たちの未来」をテーマにした講演会についての紹介。
110.コミュニケーションは学習をどう変えるのか対談記事平成16年10月15日(2004)日本教育新聞
概要 コミュニケーションは学習をどう変えるかについて対談。
記事掲載:p.10
109.科学技術を子どもたちの未来の夢にインタビュー平成16年9月(2004)知の翼
概要 記事掲載:p.2~5
108.教育用コンテンツの活用 対話や人との交流必要インタビュー平成16年8月31日(2004)『北海道通信』,平成16年8月31日,北海道通信社
概要 記事掲載:p.3
107.真相の徹底解明を討論記事平成16年7月30日(2004)討論記事
概要 北海道新聞社の報道のあり方について考える。「読者と道新委員会」における議論についての討論のまとめ。
106.“伝え手”の育成が必要単著平成16年7月23日(2004)読売新聞
概要 記事掲載:(論点)
105.知覚のふしぎ体験インタビュー平成16年4月30日(2004)朝日新聞(夕刊)
概要
104.好奇心誘うストーリーインタビュー平成16年4月17日(2004)毎日新聞
概要
103.地域に配慮、深く取材インタビュー平成16年3月20日(2004)北海道新聞
概要 北海道新聞社の報道のあり方について考える。「読者と道新委員会」における議論についての討論のまとめ。
102.地域医療報道討論記事平成16年3月19日(2004)北海道新聞
概要 北海道新聞社の報道のあり方について考える。「読者と道新委員会」における議論についての討論のまとめ。
101.未来大から「未来館」へ討論記事平成15年11月22日(2003)読売新聞
概要 公立はこだて未来大学の教授から日本科学未来館の副館長への転身を紹介。

PAGE TOP↑